福祉車両について

福祉車両の整備

福祉や介護には専用の車両が必要不可欠で、毎日使用するものですから、一般車両にも増して、日頃からの整備を心がけたいものです。
また福祉車両には、架装部と呼ばれる「車いすを乗せるリフト」、「スロープ」部分、乗り降りをしやすくする「回転シート」部分など、故障しやすい部分に特徴がありますから、詳しい整備士による小まめなチェックが必要です。
 
万一のトラブルを防止するために、定期的に点検をし、消耗パーツの傷みをチェックします。そして必要な箇所は部品を取り換えるなど、適切な修理をします。

福祉車両・介護車両の、こんなご要望にお答えします
  • 整備プランを相談しながら一緒に作りたい
  • 福祉車両・介護車両の不調を相談したい
  • 毎日快適に使えるよう、定期的な車のメンテナンスをしたい
  • 高いテクニックを持った整備士に、安全・安心な整備・修理をして欲しい
  • 福祉車両・介護車両の整備の専門業者にお願いしたい

福祉車両の修理

福祉車両・介護車両は、一般車両とちがって架装部と呼ばれる「車いすを乗せるリフト」、「スロープ」部分、乗り降りをしやすくする「回転シート」部分など、負担がかかる部分に特徴があります。「車椅子固定ワイヤーが動かない」や、「リフトが上がらない」、「リフトがガタガタゆれる」などの、福祉車両特有の修理なら、美田自動車にお任せください。
出張修理も受け付けております。

福祉車両・介護車両の、こんなご要望にお答えします
  • 福祉車両・介護車両が壊れた
  • 車椅子固定ワイヤーが動かない
  • リフトが上がらない
  • リフトがガタガタゆれる
  • スライドシートが壊れた

福祉車両の車検

福祉車両・介護車両も一般のクルマ同様、安全に走るための基本的な検査で、車検に合格している必要があります。
車検を受ける時期も、自家用車は2年に1回、貨物車は1年に1回というように法律で決められ、満了日の1か月前から受けられます。
 
早期予約をしていただきますと、割引がありますので、ぜひご活用ください。

福祉車両・介護車両の、こんなご要望にお答えします
  • 福祉車両・介護車両を車検に出したい
  • 福祉車両・介護車両を車検する整備・修理工場を探している
  • 業務に支障が出ないよう、柔軟に対応してほしい

福祉車両の点検

セーフティ点検、12ヶ月点検などの法定点検は任意ですが、車のトラブルを防ぎ、性能を維持するための予防整備として大変重要です。事業所様においては、毎日多くのお客さまの送迎に利用されていることからも、欠かすことのできないものです。
弊社の高い技術力と、故障予防整備により「むだ」修理支出を抑えることができ、また整備預かりの短縮にもつながり、福祉車両の稼働に支障がでない車両整備環境を提供できると考えています。

福祉車両・介護車両の、こんなご要望にお答えします
  • 福祉車両・介護車両の法定点検に出したい
  • 毎日快適に使えるよう、定期的な福祉車両の整備・修理をしたい
  • 高いテクニックを持った整備士に、安全・安心な整備・修理をして欲しい

ページの先頭へ戻る