くるま教えてQ&A

アルコール摂取量の基準とは?大丈夫だと思ってませんか。

おうち時間が増え、自宅での晩酌やWEB飲み、久しぶりに会えた方との食事などは、とっても幸せな時間ですよね。

楽しい時間なあまり、気づけば夜が深くなるまで飲んでいて、「もうこんな時間?!」なんてことも…

そんな翌日の車の運転…大丈夫ですか??

 

アルコール摂取量の基準とされるお酒の「1単位」は、

ビール 中瓶1本(500ml)

日本酒 1合(180ml)

ウイスキー ダブル(60ml)

焼酎  0.6合(110ml)  が目安とされています。

(※お酒によって、度数などが違います。あくまで目安です。)

 

その1単位のアルコールを分解するのに必要な時間は、健康な成人男性で4時間といわれています。

例えば、

ビール中ジョッキ1杯が約500mlですので、それを3杯飲めば、飲み終わりから約12時間はアルコールが体内に残り続けるのです。

 

注意していただきたいのは、「1単位あたり1時間経てば大丈夫」ではありません。

女性なら分解時間はさらにのび、体の大きさや分解能力の高さによっても違う結果になります。

さらに!!

睡眠中は、一般的に2割~3割分解が遅れます。

時間がたっているし、大丈夫!は、間違えです。

 

分解されるまでは、アルコールが体の中で悪さをします。

まずは、認知力の低下。視野が狭くなったり、動体視力が落ちたり、注意力や集中力が散漫になったり…

次に、判断力の低下。理性や自制心が弱まり、怒りやすくやったり、過信しすぎたり…

そして、操作力の低下。ブレーキ・アクセルの反応の遅れ、操作ミスが起きたり…

実際に運転シミュレーターによる実験では、1単位のお酒をのんだ いわゆる「酒気帯び運転」時には、危険を察知し、ブレーキを踏むまでの反応が遅れ、事故を避けられない方が増えました。

 

アルコールが及ぼす影響を考えると、「お酒に強い」を過信してはいけません。

 

検知器に引っかからなければ良い、ではありません。

少量だとしても、それが原因で加害者になってしまう可能性があることを十分に認識することが大切です。

ページの先頭へ戻る